その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

【コンドルは飛んでいく】世界的に知られた名曲が生まれた国 ペルー

旅行

【コンドルは飛んでいく】世界的に知られた名曲が生まれた国 ペルー

ペルー共和国(ペルーきょうわこく、スペイン語: República del Perú、ケチュア語族: Piruw Republika、アイマラ語: Piruw Suyu)、通称ペルーは、南アメリカ西部に位置する共和制国家である。北にコロンビア、北西にエクアドル、東にブラジル、南東にボリビア、南にチリと国境を接し、西は太平洋に面する。首都はリマ。

ペルーの名曲【コンドルは飛んでいく】はあまりにも有名。

神がかった霊域から生まれた曲。

空中都市マチュピチュ遺跡

♪コンドルは飛んでいく

険しい崖の上で、霧のなかに浮かび上がるインカ帝国最大の遺跡は、“天空の都”あるいは“空中都市”などといわれるように、実にロマンチックです。ユネスコの世界遺産にいち早く登録され、いまや連日2000人近い見学者が訪れるという人気もうなずけますね。

出典 http://matome.naver.jp

『コンドルは飛んでいく(飛んで行く・飛んでゆく)』は、ペルーの作曲家・民謡研究家ダニエル・アロミアス・ロブレス(Daniel Alomias Robles)が1913年に作曲した歌曲。

出典 http://www.worldfolksong.com

世界遺産☆ペルー クスコ

太陽の帝国インカの首都 クスコ市街

クスコ市街(City of Cuzco)は、ペルーの南東部、アンデス山脈のなかに位置するユネスコ世界遺産です。1983年に文化遺産として登録されました。

この地はかつてインカ帝国(正式名称:タワンティン・スウユ)があった場所であり、クスコ市街はインカ文明の貴重な遺跡を残している街となっています。
現在もペルー有数の都市であるクスコですが、この地名はもともとケチュア語で「へそ」という意味です。そう、まさしくクスコは、インカ帝国の首都であり、文化の中心部だったというわけです。

インカ帝国の遺跡というとマチュ・ピチュを先に想像する人も多いかもしれませんが、実はクスコこそが最もインカ文明を象徴する都市なのです。
世界遺産への登録も、クスコ市街とマチュ・ピチュは同時になされています(いずれもペルー初の世界遺産)。
この2つの世界遺産はペルー南部鉄道でつながれており、アクセスが容易ですので、インカ帝国の遺構をまとめて観光するのもオススメです。

出典 http://yuuma7.com

チチカカ湖  水草で浮かぶ島へ

チチカカ湖(チチカカこ、スペイン語: Lago Titicaca)またはティティカカ湖は、アンデス山中のペルー南部とボリビア西部にまたがる淡水湖。アルティプラーノの北部に位置する。湖の中央は、南緯約16度、西経約69度で、標高は3810mほどである(Kolata 1996:24)。湖面の60%がペルー領で40%がボリビア領となっている。「汽船などが航行可能な湖として世界最高所」と言われる。数少ない古代湖でもある。

出典 http://ja.wikipedia.org

マチュピチュ、ナスカ、クスコ、リマ、ペルー満喫旅行 ラティーノ

Twitter

1
  • その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法