日本最大規模の鍾乳洞「秋芳洞」現世を忘れてしまいそうな神秘的な空間・・・

旅行

日本最大規模の鍾乳洞「秋芳洞」現世を忘れてしまいそうな神秘的な空間・・・

秋芳洞

秋芳洞(あきよしどう、「しゅうほうどう」の読みは誤り、詳細は後述)は、山口県美祢市東部、秋吉台の地下100-200mにある鍾乳洞で、約1kmの観光路をもって公開されている。鍾乳洞としては日本最大規模。洞奥の琴ヶ淵より洞口まで、約1kmにわたって地下川が流れ下っている。 1990年前後の洞窟探検家による琴ヶ淵から奥への潜水調査の結果、東方約2.5kmにある葛ヶ穴まで連結し、総延長は約8,500mに達した。

2016年7月からのの山口大学洞穴研究会と秋吉台科学博物館でつくる「秋吉台カルスト洞窟学術調査隊」の測量調査によって総延長は10・3キロは伸び、現在日本第3位にランクされている[1]。

1926年以前は滝穴(瀧洞)と呼ばれていた。特別天然記念物。秋吉台国定公園に属する。

出典 http://ja.wikipedia.org

とっても神秘的な秋芳洞の鍾乳洞(山口県)

Twitter

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう